about

淡路島で生まれて、淡路島を離れて初めて

食材の『うまさ』を知った。

毎日おふくろ(母)が、淡路島の食材で作ってくれたが美味しさを感じなかった。

高校を卒業して淡路島以外の土地で過ごすことになった。
学生時代は、食に関しては、それほど興味は無く、就職してから初の東北地方に住むことになる。この時に初めて「お米が、甘い」と感じる。(銀シャリや!)
実家に帰省した時に普段通りのごはんを食べる。
「なんじゃ淡路島のお米 めっちゃ旨いやん」
これが、きっかけになり、こだわった食材を求め淡路島の食を皆さんに味わってほしいと思う様になった。
そんな、食材やウマいをお届けします。